コンジローマと薬物療法

コンジローマはHPVウイルスと言われているヒトパピローマウイルスによって感染をする、性感染症です。
コンジローマと薬物療法についての記述をします。

コンジローマは尖圭コンジロームと言われることもあり、性行為によってウイルス感染します。
放置することでどんどんとひどくなり、カリフラワー状に広がることもあるのです。
女性の場合は大小陰唇や膣の周辺にイボができます。
このイボは肛門の周りや尿道口にもできることもあり痛みを伴うことはありませんが、かゆみを生じることがあります。

また男性の場合は陰茎や亀頭部、包皮や陰嚢にイボができることが特徴です。
見慣れないブツブツができたことで自分の体の異常を察知するという人も多く、米粒くらいの大きさの物から数センチに及ぶものまであります。

このイボを放置すると、どんどんと広がっていきます。
ニワトリのトサカのように見えることや乳首の様な乳頭状のイボに見えることが多く、男性の包茎の人はこの病気の発症率が高くなっています。

コンジローマの治療方法は、薬物療法と外科手術がありますがその症状や進行度によって変わります。
薬物療法は外用薬を塗布したり、内服薬を服用するといった方法です。
症状が軽くイボが小さいときにはこの方法で治療を行います。
一方、イボの数が多い時や即効性を期待する場合には外科的な治療が有用となります。
電気メスを使ってイボを除去する方法や凍結させて壊死させる方法、レーザーを使う方法や専用の器具を使って切除する方法があります。

コンジローマと同様の性感染症の一つにトリコモナスがありますが、これはトリコモナス 犬とは異なるウイルスです。
犬のトリコモナスは腸トリコモナスと言われるものであり腸に生息しますが、性感染症のトリコモナスは膣に生息します。